万葉集入門
万葉集関連ミュージック紹介

【万葉集】夜眠も寝なくに (Acoustic Ver.) / はるひの with DODOWAKA

2019年9月に【万葉集EDM】令和 -UME no UTAGE- / でメジャー・デビューされたグループ、はるひの with DODOWAKAさんの新曲、【万葉集】夜眠も寝なくに (Acoustic Ver.) / のプロモーション動画がYouTubeに公開されました。

【万葉集】夜眠も寝なくに (Acoustic Ver.) / はるひの with DODOWAKA
https://youtu.be/WvHl25SGtNI
YouTubeページ内の解説の「もっと見る」をクリックすると、ちょこっとだけ万葉歌の訳などでこのサイトが参考文献として紹介されてます(笑)

はるひの with DODOWAKAさんの「DODOWAKA」は、堂々と和歌をやろうという意味。
「はるひの」は和歌の枕詞から命名で、人々を春の陽射しのように笑顔や癒やしで包んであげたいという意味だそうです。

「令和」の元号発表以来、その出典となった万葉集に興味を持ってくださる方たちが増えてほんとうに嬉しく思いますが、はるひの with DODOWAKAさんたちのような若者が万葉集の歌を現代EDMにミックスして歌ってくださるというのは新鮮な驚きがありますね。
僕は万葉集の歌の中でも「梅花の宴」の場の空気がほんとうに好きなのですが、1300年の時を経て大伴旅人や田氏真神の言霊がEDMの音楽に乗って現代に蘇ってくる現象に、人の心と言葉の持つ力の大きさを改めて感じました。
まさに令和という「新たな和歌の時代」の新たな和歌の世界が、はるひの with DODOWAKAさんたちの音楽にあるように思います。
みなさんもぜひ、そんな万葉集と現代EDMのミックスした世界に心を震わせてみてください。

はるひの with DODOWAKAさんの9月のメジャー・デビュー動画も下記から閲覧することが出来ます。

【万葉集EDM】令和 -UME no UTAGE- / はるひの with DODOWAKA
https://youtu.be/MFGv-GI9n3Y

また、来年2020年1月8日9日渋谷O-EASTの「江夏フェス」というイベントに、1月8日出演されるそうですのでお近くの方はぜひ生の万葉集EDMを堪能してみてください。


万葉集入門(トップページ)へ戻る

当サイトはリンクフリーです、どうぞご自由に。
Copyright(c) 2019 Yoshihiro Kuromichi (plabotnoitanji@yahoo.co.jp)


スポンサード リンク


スポンサード リンク
ないものはない!お買い物なら楽天市場

Amazon.co.jp通販サイト