×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

万葉集入門
万葉集書籍紹介

入江泰吉 万葉花さんぽ
 写真/入江泰吉・文/中西 進 (小学館文庫) 定価838円(税別)

本書は大和の花と風景を愛した写真家、入江泰吉氏の写真を通して万葉集に詠われた万葉植物を紹介した写真集となっています。
また、それぞれの植物には万葉文化館の名誉館長でもある中西進氏のエッセイ風の解説が添えられており、その植物が詠み込まれている万葉歌とその歌の解説も紹介されています。
他の万葉植物を紹介した書籍に比べて紹介している植物の数や専門的な植物の知識などは少ないですが、それゆえに万葉植物入門としては最適の一冊かと思います。

僕個人の話を書くなら、万葉植物についての知識を得ることで買い物などで普段歩いている道や自宅の周辺、そんな歌枕や万葉歌碑のある場所以外の日常の中に咲く草花に万葉集を発見できる喜びが増しました。
みなさんもぜひ本書でそんな万葉植物についての知識を得て、万葉人が草花に対して持っていた「ささやかなものたちへの思いやりの心」を実生活の中で感じ取ってもらえればと思います。
きっと人生が少しだけ豊かになったようなそんな気持ちが実感できるはずです。

植物の紹介も春夏秋冬の順に分けられており、万葉集の植物について初めて学ばれる方にはとくにお勧めできる内容と言えるのではないでしょうか。


入江泰吉 万葉花さんぽ
Amazon


楽天ブックス

入江泰吉万葉花さんぽ [ 入江泰吉 ]
価格:905円(税込、送料無料)




万葉集書籍情報
万葉集(1)〜〜(4)&別冊万葉集辞典 中西進 (講談社) 定価637円〜〜1145円(税別)

万葉集(1)〜〜(4) 伊藤博 (角川ソフィア文庫) 定価960円〜1000円(税別)

万葉秀歌探訪 岡野弘彦 (NHKライブラリー) 定価1070円(税別)

万葉を行く 米田 勝 (奈良新聞社) 定価2000円(税別)

万葉集の神様 監修・神社本庁 (扶桑社) 定価2000円(税別)

明日香の万葉を歩く 二川曉美 (奈良新聞社) 定価・各2500円(税別)

奈良市の万葉を歩く(上)(下) 二川曉美 (奈良新聞社) 定価・各2300円(税別)

入江泰吉 万葉花さんぽ 写真/入江泰吉・文/中西 進 (小学館文庫) 定価838円(税別)

やまと花万葉 写真/中村明巳・文/片岡寧豊 (東方出版) 定価1800円(税別)


万葉集入門(トップページ)へ戻る

当サイトはリンクフリーです、どうぞご自由に。
Copyright(c) 2016 Yoshihiro Kuromichi (plabotnoitanji@yahoo.co.jp)


スポンサード リンク


スポンサード リンク
ないものはない!お買い物なら楽天市場

Amazon.co.jp通販サイト