×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

万葉集入門
万葉集入門
現存する日本最古の和歌集「万葉集」の解説サイトです。
分かりやすい口語訳の解説に歌枕や歌碑などの写真なども添えて、初心者の方はもちろん多くの万葉集愛好家の方に楽しんでいただきたく思います。
(解説:黒路よしひろ)

スポンサード リンク


あしひきの山川(やまがは)の瀬の響(な)るなへに弓月(ゆつき)が嶽(たけ)に雲立ち渡る

右の二首は、柿本朝臣人麿の歌集に出づ。

巻七(一〇八八)
-----------------------------------------------
あしひきの山川の瀬の音が激しくなるにつれて弓月が嶽に雲が立ち渡るのが見えるよ
-----------------------------------------------

この歌も先の巻七(一〇八七)の歌と同じく、万葉集巻七の「雲を詠める」に分類された歌のうちのひとつ。
左注に「右の二首は、柿本朝臣人麿の歌集に出づ。」とあるように、この歌も巻七(一〇八七)の歌と同じく柿本朝臣人麿歌集に収録されていた歌とのことです。

歌の内容は「あしひきの山川の瀬の音が激しくなるにつれて弓月が嶽に雲が立ち渡るのが見えるよ」と、こちらも巻七(一〇八七)の歌とよく似た一首ですね。
「あしひきの」は山に懸る枕詞。
「弓月(ゆつき)が嶽(たけ)」は「由槻(ゆつき)が嶽(たけ)」のことで、巻向山中の主峰。

つまりは、穴師川(巻向川)の山川の瀬の音が激しくなるにつれて、上流の巻向山に雨雲が立ち渡って行くのが見えると詠っているわけです。
穴師川は現代では穏やかな川ですが、これほどまでに雨雲との関係を詠われているということは万葉時代にはかなり荒れることの多い川だったのでしょうか。

あるいはこれは実際に雲を見ているわけではなく、口に出して詠うことで雨雲の到来を実現させようとした言霊を込めた呪術歌だったのかも知れませんね。
万葉の時代の人々にとって、雨雲は川の水を豊かにし田畑を潤す恵みをもたらす存在でした。
それゆえに、山の雲と川の瀬波の変化の関係を、現代人よりもはるかに敏感に感じ取っていたのでしょう。


奈良県桜井市箸中車谷にあるこの歌の歌碑。



奈良県桜井市の檜原神社の北、巻七(一〇八七)の歌碑の前の道を穴師川沿いに西に下った畑の中にこの歌碑があります。
山辺の道から少し外れた場所にあるのでわかりにくいかも知れませんが、巻七(一〇八七)の歌碑の前の道を穴師川沿いに下って行けばたどり着けると思います。



巻向川(穴師川)。


スポンサード リンク


関連記事
万葉集巻七の他の歌はこちらから。
万葉集巻七


万葉集書籍紹介(参考書籍)
万葉集(1)〜〜(4)&別冊万葉集辞典 中西進 (講談社文庫) 定価620円〜〜1020円(税込み)
県立万葉文化舘名誉館長でもある中西進さんによる万葉集全四冊&別冊万葉集辞典です。
万葉集のほうは原文、読み下し訳、現代語訳、解説文が付けられていて、非常に参考になりこの4冊で一応、万葉集としては充分な内容になっています。
他の万葉集などでは読み下し訳のみで現代語訳がなかったりと、初心者の方には難しすぎる場合が多いですが、この万葉集ではそのようなこともありません。

万葉集入門(トップページ)へ戻る

当サイトはリンクフリーです、どうぞご自由に。
Copyright(c) 2016 Yoshihiro Kuromichi (plabotnoitanji@yahoo.co.jp)


スポンサード リンク


欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

Amazon.co.jp - 通販