×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

万葉集入門
万葉集入門
現存する日本最古の和歌集「万葉集」の解説サイトです。
分かりやすい口語訳の解説に歌枕や歌碑などの写真なども添えて、初心者の方はもちろん多くの万葉集愛好家の方に楽しんでいただきたく思います。
(解説:黒路よしひろ)

スポンサード リンク


天皇の御製歌(おほみうた)一首

あをによし奈良の山なる黒木もち造れる室(やど)は座(ま)せども飽かぬかも

右は、聞かく「左大臣長屋王(ながやのおほきみ)の佐保の宅(いへ)に御在(いでま)せる肆宴(とよのあかり)の御製(おほみうた)なり」といへり。

巻八(一六三八)
-----------------------------------------------
あおによし奈良の山の黒木を用いて造った家はいくら居ても飽かないことだなあ
-----------------------------------------------

この歌は聖武天皇(しやうむてんわう)の御製歌です。
左注によると、元正太上天皇が詠まれた先の巻八(一六三七)の歌と同じく、左大臣の長屋王(ながやのおほきみ)の佐保の邸宅に行幸された時の歌のようですね。
肆宴(とよのあかり)は天皇主催の宴であり、おそらくは元正太上天皇や聖武天皇が行幸されて長屋王の作宝楼(さくほろう)の室寿ぎ(新しい室を開く祝い)の宴が行われたのでしょう。

歌の内容はそんな「あおによし奈良の山の黒木を用いて造った家はいくら居ても飽かないことだなあ」と、こちらも先の元正太上天皇の巻八(一六三七)の歌と同じく長屋王の建てた作宝楼を褒め称える内容となっています。
「あをによし」は奈良に懸る枕詞。
「黒木」は皮のついたままの木のことで、長屋王の宅が奈良山の霊力の宿る立派な木で建てられたことを詠って讃えた一首ですね。

まあ、天皇の御製歌と言っても元正太上天皇の巻八(一六三七)の歌も含めて実際に作ったのは同行した宮廷歌人だったのだと思われますが、新しい室を開く祝いの歌にふさわしい目出度い一首に仕上がっていますよね。
長屋王の作宝楼は佐保の地にあったこと以外は詳しい所在なども不明ですが、このような天皇主催の室寿ぎが行われるなど、時の左大臣である長屋王のもっとも華やいでいた時期を象徴する歌といえるでしょう。


スポンサード リンク


関連記事
万葉集巻八の他の歌はこちらから。
万葉集巻八


万葉集書籍紹介(参考書籍)
万葉集(1)〜〜(4)&別冊万葉集辞典 中西進 (講談社文庫) 定価620円〜〜1020円(税込み)
県立万葉文化舘名誉館長でもある中西進さんによる万葉集全四冊&別冊万葉集辞典です。
万葉集のほうは原文、読み下し訳、現代語訳、解説文が付けられていて、非常に参考になりこの4冊で一応、万葉集としては充分な内容になっています。
他の万葉集などでは読み下し訳のみで現代語訳がなかったりと、初心者の方には難しすぎる場合が多いですが、この万葉集ではそのようなこともありません。

万葉集入門(トップページ)へ戻る

当サイトはリンクフリーです、どうぞご自由に。
Copyright(c) 2016 Yoshihiro Kuromichi (plabotnoitanji@yahoo.co.jp)


スポンサード リンク


欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

Amazon.co.jp - 通販