×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

万葉集入門
明日香村へ行こう
万葉集の故郷、奈良県明日香村やその周辺の史跡などを紹介しています。
机の上での鑑賞だけでなく、ぜひみなさんも万葉集の歌が詠まれた現地を訪れて歌の心に触れてみてください。
(解説:黒路よしひろ)

スポンサード リンク


飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社(あすかかわかみにいますうすたきひめのみことじんじゃ)
飛鳥川上坐宇須多岐売命神社は稲渕の南、関西大学飛鳥研究所を少し南に入った場所にあり、日本一長い名前の神社として有名です。


飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社。
本殿は非常に長い石段を登りきり、さらにそこから坂道を登ったところにあります。



飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社(飛鳥かわかみにいますうすたきひめのみことじんじゃ)。
日本一名前の長い神社として有名です。



まずは石段を登りましょう。



石段を登りきり、そこからまた坂道を少し登ってゆくと鳥居が見えてきます。



こちらが拝殿。



拝殿の前の境内の北西側に下りる道があり、納屋のような廃屋があります。



(草刈が行われた後の時期しかまともに歩けませんが)この廃屋の横を通ってまっすぐ進むと…



鳥居のある明治天皇の遥拝所があります。



明治天皇の遥拝所。



倒れかけているので見学の際は気をつけましょう。

この神社も日本一名前の長い神社として非常に有名なので、機会があればぜひ一度参拝に訪れてみて下さいね^^


奥明日香(稲渕・栢森・入谷・芋峠)
稲渕  男綱  女綱

大化の改新ロケ地跡  飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社

女渕  男渕  栢森の金毘羅さん

入谷  古道芋峠小道

万葉集入門 明日香村へ行こう(トップページへ戻る)

当サイトはリンクフリーです、どうぞご自由に。
Copyright(c) 2008 Yoshihiro Kuromichi (plabotnoitanji@yahoo.co.jp)


スポンサード リンク