×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

万葉集入門
明日香村へ行こう
万葉集の故郷、奈良県明日香村やその周辺の史跡などを紹介しています。
机の上での鑑賞だけでなく、ぜひみなさんも万葉集の歌が詠まれた現地を訪れて歌の心に触れてみてください。
(解説:黒路よしひろ)

スポンサード リンク


稲渕(いなぶち)
石舞台古墳の前の道を東へ少し登ると、多武峰と祝戸・稲渕への三叉路があります。
そこを南に行くと稲渕(いなぶち)・栢森(かやのもり)へ向かいます。


全国棚田百景にも数えられている稲渕の棚田

稲渕の棚田は全国棚田百景にも選ばれている明日香村の名所で、春には菜の花、秋には彼岸花の名所として各地から見物に訪れる人が絶えません。
また、彼岸花に先駆けて棚田では毎年、ユニークな案山子が飾られる「案山子ロード」としても有名です。

案山子ロードの案山子、毎年ユニークな力作が飾られています。

これも案山子(笑) こんな案山子もあります。

明日香村を訪れられる方も稲渕まで足を伸ばされることは少ないようですが、稲渕には綱掛け神事で有名な「男綱」や、飛鳥の石橋、南渕請安の墓などもありますので、ぜひとも一度たずねてみて下さい。
石舞台からは意外に近いですので。


奥明日香・奥飛鳥(稲渕・栢森・入谷・芋峠)
稲渕  男綱  女綱

大化の改新ロケ地跡  飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社

女渕  男渕  栢森の金毘羅さん

入谷  古道芋峠小道

万葉集入門 明日香村へ行こう(トップページへ戻る)

当サイトはリンクフリーです、どうぞご自由に。
Copyright(c) 2008 Yoshihiro Kuromichi (plabotnoitanji@yahoo.co.jp)


スポンサード リンク