×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

万葉集入門
万葉集入門
現存する日本最古の和歌集「万葉集」の解説サイトです。
分かりやすい口語訳の解説に歌枕や歌碑などの写真なども添えて、初心者の方はもちろん多くの万葉集愛好家の方に楽しんでいただきたく思います。
(サイト制作者:黒路よしひろ)

スポンサード リンク


万葉集とは
万葉集は現存する日本最古の和歌集であり、全20巻、約4500首ほどのさまざまな人々の詠(よ)んだ長歌、短歌、旋頭歌、仏足石歌などを収録しています。

万葉集は「まんようしゅう」と読み、「万(よろず)の歌を集めたもの」とも、「万世(よろずよ)の歌を集めたもの」という意味だともいわれています。


万葉集の成立(編者:大伴家持?)

巻1〜〜巻16  天平16年(744)以前?
巻17〜〜巻20 天平16年(744)以後?

編者は大伴家持(おおとものやかもち)であろうといわれていますが、これもはっきりとは分かっていません。
編集された年代もはっきりと分かっていませんが、巻17〜〜巻20が家持の身辺詠を日時を追って記しておりこれが天平18年(746)以後のものであり、先立つ巻16が天平16年(744)までの歌であるといわれているので、天平16年を境として巻1〜〜巻16がこれ以前、巻17〜〜巻20がこれ以降の成立と思われます。

とりあえず万葉集についての基礎知識はこんな程度で留めておきますが、まあ、細かなことについてはまたそれぞれの歌の紹介の中ででも解説して行くことにします。


このサイトについて
さて、ここでは万葉集の歌を有名なものからひとつずつ拾い出し、解説と僕流の口語訳を付けていこうと思っています。
さらに、歌によっては解説のページで奈良や明日香村など、万葉集に関連した歌枕(歌に詠まれた土地)や歌碑の写真なども付ける予定ですので、どうぞ楽しみにしていてください。

さすがに約4500首もあるためにひとつずつ順に追っていっては有名な歌に辿り着くのに何年もかかってしまうことになりますので、まずは各巻の代表的な歌を少しずつ取り上げていき、最終的にはすべての歌を解説できることを目指したいと思います。

それではみなさん、しばらくの間お付き合いをよろしくお願いいたします。

黒路よしひろ(サイト製作者)より


短歌入門部屋
短歌入門部屋
万葉集を勉強されているとご自身でも和歌(短歌)を作ってみたくなる方もおられるかも知れません。
万葉集を読んでみると文語調の古語などを使って詠まれているために、特別な知識がないと歌を作れないように思われるかも知れませんが、じつは現在の文語調の歌とそれほど違いがあるわけではありません。
ですので、ぜひみなさんも万葉歌人のようにご自身の気持ちを歌に詠んでみてください。
ここでは誰でもすぐに短歌を作れるようになることを目指した、僕の短歌入門サイト「短歌入門部屋」を紹介しておきます。


古典短歌講座
宿谷睦夫氏寄稿文
古典短歌講座(第一版)
Classical Tanka composition in English
宿谷睦夫氏がかつてバイリンガル月刊誌「プラザ・プラザ(現在休刊中)」にて連載されていた「英文短歌講座 」の一部を、あらたに「古典短歌講座(第1版)」として校正、寄稿して下さいました。
英語と日本語の両国語による世界に向けた古典短歌入門であると同時に、和歌入門としても非常に勉強になる記事ですので、ぜひ参考にしてみてください。
The author, Mutsuo Shukuya contributed his renewal lectures, "Classical Tanka Composition(Vol. I), each of which was printed in the bilingual monthly magazine, "Plaza PLaza" as "Tanka Composition in English."
This can serve as a useful collection of lectures on Tanka Composition itself as well as Classical Tanka Composition both in Japanese and in English for beginners all over the world, and I hope all readers will be able to benefit from these lectures.


万葉集
万葉集全歌一覧(巻一 〜 巻四)

万葉集全歌一覧(巻五 〜 巻八)

(万葉集の全歌一覧ページです。)

巻一  巻二  巻三  巻四

巻五  巻六  巻七  巻八

(以降の巻もまた追加していきます)


万葉集巻一(二)英語訳版
“About poetry compiled in the first anthology, Manyo-Shu by Yoshihiro Kuromichi”
翻訳:宿谷睦夫、英文添削:ブルース・ワイマン
translator: Mustuo Shukuya auditor: Bruce Wyman


リンク集
万葉SOULホームページ
http://humannature59.wixsite.com/manyo-jazz?fb_ref=Default
(外部リンク)
万葉集の歌をジャズのメロディで歌う活動をされている「万葉SOUL」さんのサイトです。


万葉集入門(トップページ)へ戻る

当サイトはリンクフリーです、どうぞご自由に。
Copyright(c) 2008-2016 Yoshihiro Kuromichi (plabotnoitanji@yahoo.co.jp)


スポンサード リンク